事故車とは

車の査定依頼を考えたとき、愛車が果たして事故車なのかどうなのかの判断に迷うところです。もし事故車だった場合、査定に響いてしまうといった不安から、査定に出すことをためらわれる人もいるかも知れません。

しかし、中古車の査定における事故車には定義があるのです。 では、査定に出した際、事故車と判断される定義とはいったい、どんなものなのでしょうか?

事故車の定義とは、自動車のフレーム部分を修理、もしくは損傷している車ということになるのです。

つまりは、バンパーやボンネット、トランクフードやフェンダー、ドアなど、外板を修理や交換しただけの中古車は、事故車にはならないということになります。

もし、査定の際に、事故車と判断されてしまうと、査定の価格はおよそ20%程度も減額されてしますことになります。 もちろん、事故の状況がもっとひどい場合には、それよりも大幅な減額となってしまいます。

そういった定義についてもしっかりと理解し、一括査定の際に相談するようにしましょう。

万が一、事故車であるにも関わらず、それを申告しなかった場合には、返金となるケースもありますし、最悪の場合には、損害賠償請求の問題が起こってしまうこともあります。 そんな事態を巻き起こさないよう、査定についての知識は予め把握しておき、正しく申告した上で、しっかりとした査定を受けるようにしてください。